妊娠中にハーブティーは強い味方!

マタニティライフをサポート!

妊娠中の女性も安心して飲める、オススメのハーブティー、また妊娠中であれば絶対に避けたいハーブティーを紹介します。

ルイボスティー

特に妊娠中の女性に人気があるのが、ルイボスティーです。
鉄分や亜鉛、カルシウムなどのミネラル分がとても豊富で、便秘の解消や血行促進にも効果が高いです。
利尿作用がありむくみを解消することもできます。
とても飲みやすくノンカフェインなのですが、たくさん飲み過ぎてしまうとお腹が緩くなり下痢になる可能性もあるので気を付けましょう。
また、低タンニンという成分がアトピー体質の人にとってはアレルギーになることもあるので、注意が必要です。

ハーブティー

ラズベリーリーフ

別名「安産のお茶」と呼ばれ、妊娠中に飲んでいたという女性も多いかもしれませんね。
子宮や子宮筋に作用して、陣痛を和らげたり子宮の動きを滑らかにしてくれます。
また母乳の分泌にも効果的な上に母体回復にもいいので、産後も続けて飲みたいハーブティーです。
ただし、過剰摂取、また妊娠初期であったり、胎児や子宮の状態が安定していないのであれば飲むのは避けましょう。

たんぽぽコーヒー

実際にはコーヒーのような風味を楽しめる、といった意味合いのものです。
もちろんノンカフェインで、コーヒーが好きという女性にもお勧めです。
利尿作用があり、また産後も母乳の分泌促進としても飲み続けたいハーブティーです。
ただしキク科アレルギーの人は症状が出る可能性があるので注意が必要ですし、肝臓に疾患がある場合も避けたほうが無難です。

ローズヒップ

ビタミンCが大変豊富なので肌トラブル解消や免疫力アップ、感染症予防としても親しまれています。
妊娠したことでシミが増えたと感じる女性にもお勧めですが、長期にわたり毎日たくさん飲んでいると、お腹がゆるくなり下痢症状を起こす場合があるので、注意してください。

妊娠中は絶対NG!カモミール、ジャスミン、フェンネル

カモミールティーはイライラ解消にもなりますが、子宮収縮効果があり妊娠中は絶対に飲まないようにしましょう。
また、ジャスミンティーにも子宮収縮作用があります。
コンビニなどでも買いやすいのですが、注意してください。
フェンネルは、動物実験において胎児に悪影響がみられたことからNGとされています。
産後に飲んでいた母親の母乳から赤ちゃんに障害が発生したという報告もあり、国では使用を避けるべきと定められています。

トップページへ