冷え症に効くハーブティー

いつも手足が冷たい・・・、そんな冷え性さんにはこれ!

手足が冷えやすい寒い時期以外にも、冷え性に悩む女性は多いですね。
冷え取りグッズはたくさんありますが、普段の飲み物をハーブティーに代えてみるのも効果が期待できますよ。
特にあたためたハーブティーは冷え性にお勧めです。

ジンジャー

冷え性や風邪などに効果が高いジンジャーは、ハーブティーにあまり詳しくない方でも取り入れやすいのではないでしょうか。
東洋、西洋関係なく様々な国で愛用されている、有名なハーブの一つで、ショウガの爽やかな香りとスパイシーな味が特徴です。
特に乾燥したジンジャーは冷え性や悪寒に効果が高く、胃も温まるので食欲や消化促進の効果もあります。
他のハーブとのブレンドが特に効果を発揮しますが、妊娠中の場合は避け、胆石のある方は医師と相談しましょう。

ギンコウ

あまり聞いたことがない名前ですが、イチョウ(銀杏)のハーブです。
あらゆる器官の血液循環を促し、冷え性だけでなく肩こりや集中力アップなどの効果があります。
若干薬のような香りがありますが、味がほとんどないため緑茶などとブレンドしたハーブティーがお勧めで、飲みにくさはありません。
副作用が少ないとも言われていますが、イチョウアレルギーの方や子供への使用は避けましょう。
また、ごくまれに頭痛や皮膚炎を起こす場合があるともされています。

エルダーフラワー

インフルエンザの特効薬とも言われ、発汗、利尿作用が高いハーブです。
またデトックスや花粉症にも効果が高く、特に副作用もありません。
ただし葉は毒があるので、販売されている安全なものを使うのがいいでしょう。
マスカットのような甘い香りが特徴でとても飲みやすく、このハーブはジャムやワインなどにも使われています。

クズ

日本でも葛湯として有名なクズは発汗作用が高く、冷え性や風邪に効果があります。
また根を干した葛根は葛根湯としても知られていて、特に体を温めてくれ血行をよくしてくれます。
とろっとして飲みやすく、クズの独特の味わいが楽しめます。
西洋のハーブと違い身近な存在、しかも副作用も全くありませんので、今すぐ試せるハーブです。

シナモン

コショウ、クローブ、シナモンと三大スパイスの一つに数えられているハーブで、お菓子作りに常備している方も多いでしょう。
消化器系を温め活発にする作用があり、冷え性にお勧めのハーブです。
また精神的なストレス緩和や不安な気持ちを和らげてくれる効果もあります。
少しスパイシーな香りで甘みが楽しめますが、シナモンアレルギー、妊娠中の方は避けましょう。

シソ

日本ではとても馴染みのあるシソも、ハーブティーとして飲むことができます。
特にアカジソは効能が高く、色や香りもいいのでお勧めです。
発汗作用、リラックス作用があり、また食欲促進にも効果があります。
副作用も特になくシソの風味がさわやかでサラッと飲みやすく、栽培も簡単でたくさん収穫できるので、自宅栽培に挑戦してみるのもいいおすすめです。

トップページへ